プログラミングを学ぶ意味は2つ

プログラミング

最近、巷で話題のプログラミングですが「正直、みんながなんでプログラミングを学んでいるの?」と思う方に向けて、プログラミングを学ぶ意味を解説します。

1.自由に働くため

これからさらに必要とされる技術

皆さんスマホをもっていますよね?そのスマホには必ずプログラミングが使われています。さらにその中のアプリやゲームにもプログラミングが使われています。

その他にもテレビやパソコンにも必ずプログラミングが使われています。だれもがプログラミングを使われているものを使っています。

でも、それだけでは「本当にプログラミングが必要とされているのか」がわからないと思います。水道や電気だって多くの人が使っているわけですし。

それなのにプログラミングが注目されるのは、プログラミングはまだまだ進化を秘めた分野だからです。

例えば、自動車の自動運転などはまだ完全にできてはないですよね。自動運転と同じようにプログラミングと掛け合わせることでさらに進化を遂げる分野がまだまだたくさんあります。

プログラミングに可能性を感じてきましたか?

世界ではプログラミングは一般教養

実は、フランスやイギリス、韓国、インドなどではプログラミングやIT教育が必修化されています。どの国も2000年以降なので一般教養と言うには大げさすぎかもしれません。が、多くの国が一般教養にしようとしています。

日本でもプログラミングやIT教育は、小学校から高校まで必修化されます。

さらに、日本ではSociety5.0という、ざっくり言ってしまえば身近にあるものをすべてネットに繋げて操作する ような社会を目指しています。この社会を実現するにももちろんプログラミングが必要です。

それだけでも、プログラミングの重要性が見えてきませんか?

リモートワークで働きやすい

皆さんはリモートワークをしたことはありますか?ほとんどの人が経験ないと思いますがプログラミングを職にすると他の職よりリモートワークにしやすいと思います。

リモートワークできるかどうかは、企業にもよると思います。が、プログラミングを学ぶ人達は、いわばパソコンを使える人たちなので遠隔での作業やコミュニケーションにもなれています。そういう人たちが多い企業だとリモートワークも選びやすいのではないかと思います。

でも、完全にリモートで働くこともできます。なんだかわかりますか?

フリーランスで働くことです。

フリーランスは自分で仕事を取らないといけないので企業で働くよりも厳しいかもしれません。が、それを考えても自由に働けるというメリットは大きいように思えます。本業はそのままで副業としてやる方法もあります。

2.プログラミングで作りたいものを作る

「別にプログラミングで作りたいものなんてないよ」という人も多いかもしれません。

でも、作りたいものがあるかどうかは本当の意味でプログラミングに意味をもたせてくれますし、プログラミングの上達のスピードも早いです。

例えば、ゲームやアプリケーションなどは情熱をもって作る人が多いです。それ以外にもロボットなども情熱を持って作れるかもしれません。自分が普段触れているものを作るほうが俄然やる気が出ますよね。

個人的にはゲームを作ることを強くおすすめしますが、皆さんそれぞれ興味があると思いますのでやる気の湧くものを選んでみるのがいいと思います。

プログラミングの注意点

1つの技術に過ぎない

当たり前のことですがいくら将来性があるからと言ってプログラミングは1つの技術に過ぎません。

世の中にはたくさんの職業があるので自分の向き不向きや興味・関心で選ぶのが良いと思います。プログラミングに固執しすぎるのも良くないです。

自分の意思でプログラミングを選んでください。

そう簡単には身に着けられない

はっきり言ってプログラミングは難しいです。が、難しさで言えば数学やスポーツ、芸術のほうが難しいかもしれません。プロレベルなら当たり前ですが。

何が言いたいかというと習得にはある程度の努力が必要だということです。職にしたいならなおさらです。学業や芸術、スポーツはちゃんとした学校で人から教われるので問題ないと思います。が、プログラミングについては学校として完成されているとは言えないので独学かプログラミングスクールに行くことになります。

独学は本当に難しいです。ほとんどの人が挫折します。誰かから教わるのが一番です。独学をやってみて、だめだなと思ったらプログラミングスクールに行ったほうがいいです。

でも、身に付けられたなら少なくとも10年は食っていけます。

仕事にするならプログラミングスキル以外も必要

プログラマはプログラムを書くだけということはほとんどありません。

「プログラマのことはわからないから何が必要かわからない」とおもってませんか?そんなことはないです。

プログラマに必要なのは社会人に必要な能力です。例えば、営業力やマネジメント力、コミュニケーション力などです。

フリーランスでも、自分をアピールしなければなりませんし、コミュニケーション能力は必要不可欠です。

仕事にするなら、そこらへんも意識しないとだめです。

まとめ

プログラミング学習の意味は

  1. 自由に安定して働くため
  2. 自分の作りたいものを作るため

2つです。

とりあえずやってみてほしい

もし、プログラミングに興味があるならとりあえずやってみてほしいです。10年前のパソコンでも十分にできます。何ならスマホでもできます。おすすめしませんが。

一度独学でやってみて面白ければ続けてもらえばいいし、そうでなければやめればいいと思います。でも、ある程度色んなものを作れるようになるまではやったほうがいいです。基礎学習の間はどんなものでも面白くないですから。

お金に余裕があるならプログラミングスクールに通うのも良いと思います。

仕事にしたいならプログラミングスクールを強くおすすめ

なにかスキルを習得しようと思えば、学校が必ず選択肢の一つにありますよね。どんなスキルでも独学するのは難しいものです。

そのため、プログラミングスクールを強くおすすめします。お金に余裕があり、独学が厳しいなと思ったらプログラミングスクールに行きましょう。

教えてくれる人がいるのといないのでは天と地の差があります。

代表的なものにCODECAMPやDMMCAMPがありますが個人的にはTECHCAMPがおすすめです。理由は転職できなかったら全額保証があるからです。

基本的な情報をまとめていますので参考に見てみてください。

最初が言語の選択から

タイトルとURLをコピーしました