プログラミングのおすすめな資格は?現役エンジニアの意外な答え

プログラミング

【結論】資格は必要なし

正直、資格は必要ないです。

なぜなら、企業はあまり資格を重視していないからです。資格を持っているからと言って、使えると判断されるかどうかはわかりません。エンジニア業界自体、実力主義というかプログラミングをどれだけ形にできるかというところが全てなので、資格があるだけではその実力があるとはみなされません。

逆に、下手に資格をアピールすると実力がないとも思われかねません。

「では、どうしろというんだ」と思いますよね。

実績づくりをしましょう。

ポートフォリオや実績を作ろう

企業から見れば資格より実績の方がポイントが高いです。当たり前のことですが。

それに加えて、プログラミングは自分で作品やサービスを作るのが簡単なので実績でアピールしないと不利になります。

その作品がユーザのことを考えられたものなら、なおポイントは高いです。

勉強の時間が勿体無い

はっきり言うと資格学習はリスクです。なぜなら、ほとんどの資格は、就職やキャリアアップに結びつかないからです(企業によりますが)。

実際に手を動かして、ポートフォリオなどを作るのが先だと思います。

資格取得におすすめな人

前述で散々資格学習をけなしましたが、全くの無駄ではないと思います。

  • 基礎的な知識を身につけたい人
  • 知識があることを証明したい人
  • 誰かに教える必要がある

などにおすすめです。

おすすめ資格3選

基本技術者試験

その名のとおり、基本的な知識を確認する試験です。

この資格は、国家資格で結構知られているので評価されやすい資格の1つになります。

マーク式なので割と簡単かもしれません。

基本的な情報

おすすめ教科書

1冊目か2冊目の教科書を一通り見て、3冊目の教科書か公式サイトの過去問をするのが良いと思います。

過去問ができたら、だいたいできます。

応用技術者試験

上の試験の進化版です。

出題範囲は変わらないのですが、記述式試験なので難しくなります。

基本技術者試験と違い、プログラミングやアルゴリズムについてあまり問われないので人によっては簡単に思えるかもしれません。

基本的な情報

おすすめな教科書は上と同じです。

上の試験とは併願できないので注意が必要です。

勉強方法も上の試験と同じように行えば大丈夫だす。

TOEIC

「意外!」と思われるかもしれませんが、TOEICはおすすめです。

TOEICというより「英語」です。

なぜなら、TOEICが有利となる企業とそうでない企業があるからです。

具体的には、海外との案件がある日系企業では有利になりやすいです。

意外なのが外資系企業ではあまり有利にはならないということです。外資系企業では、TOEICの点数が高いから実力があるとは限らないというのがわかっているからでしょう。外資系企業では英語面接で英語力を測るのが多いのです。

でも、英語の本領は海外で働くことにあると思います。

英語を学ぶなら、いっそ海外で生活できるレベルで習得したいです。なぜなら、アメリカやヨーロッパではプログラマの収入が高いからです。

日本で就職する場合、英語はあまり評価されにくいです。が、海外ではプログラミングがものすごく評価されます。

高いレベルの英語を身につけたいなら、留学するのが一番手っ取り早いと思います。参考にしてみてください。

まとめ

  • 基本情報技術者試験
  • 応用情報技術者試験
  • TOEIC

がプログラマにおすすめな資格です。

そのほかにもプログラミング言語ごとの資格も基礎的な知識を身につけるならいいと思います。

まあ、就職したいならばプログラミングスクールに行くのが手っ取り早いです。CODECAMPやDMM WEBCAMPなどがありますが、個人的にはTECHCAMPがおすすめです。

TECHCAMPは転職できなければ、全額返金なのでリスクは時間だけです。独学することを考えればノーリスクです。詳細をまとめたので参考にしてみてください。

読んでいただきありがとうございます。あなたの参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました