【金をかけない】数学の教授から学んだ英語学習法

こんにちは、TOEIC250点のショーイチです。

今回はタイトルの通り、数学の教授から聞いた英語の学習方法を紹介します。実際には准教授ですが。

おすすめな人

  • 金をかけずに英語学習をしたい人
  • とりあえず、英語をやっておきたいな、と言う人

その教授は、論文を書いたり、学会の時にストレスフリーで話すために英語を学んだそうですが、TOEICは大体800点以上、悪くても700点切らないそうです。

それに知り合いの英語専門の人にも学習方法を聞きながらやっていたそうなので、信頼もできるような気がします。

その教授いわく、「とにかく、金をかけずに英語学習するのが目的です。」と言っていたので、そう言う人向けです。

基本は書籍を反復

学習法は以下の通り。

  1. 書籍を買う(選び方は後で説明)
  2. 80%正解できるまで反復

以上。

ちなみに以下の書籍を推されました。

他にもありますが、最初の1冊はこれがいいそうです。

Amazonのページから試し読みすればわかりますが、文章があって、和訳があって、単語の意味があると言う構成になっているので勉強しやすいと思います。

この英語の文章を何も見ずに訳せるようになったら次の書籍に進むと言った感じです。

英語の文章とその和訳が一緒になったものを選びましょう。

リーディングがあれば他の技能も身につく

リーディングができれば、もう他の技能の学習は必要ではないと言うわけではありません。

ある程度はついてくるよって言う話です。

学習する順番は

リーディング→リスニング→スピーキング→ライティング

がおすすめです。

理由は単純でリーディングが1番カンタンだからです。

リーディングとリスニング以外はアウトプットなのでインプットなしにはできませんし、リスニングは聞き取れませんよね。

学習するときの注意

寄り道しない

この学習法で勉強していると「効率悪くない?」「留学した方がいいでしょ」といってくる人もいるでしょう。

それに惑わされないでください。

留学する場合、その前に学習も必要で金も必要なので本末転倒です。

とにかく1つの問題集を極めることが1番の近道です。

そして積み重なった問題集の数だけ、英語のスキルが身につきます。

単語暗記は避けて通れない

「単語なんて、文章読みながら覚えればいいでしょ」と思う方もいるかもしれませんが、単語暗記は必須です。

なぜなら、文章読みながらだと時間がかかりすぎるからです。

あと、先に覚えていた方が後の学習がスムーズに進みます。

ちなみに単語帳は「パス単」をすすめられました。

準1級のも見ましたが、覚える労力とかも同じだろうと言うことでそれなら1級をやってしまおうと言う考えです。

単語に抜けが出るんじゃないかと言う心配もあるかもしれません。

試験するときは、過去問をやるのである程度は対策できるとは思います。

どうしても抜けは出るものだと思うのである程度諦めつつやるのがコツかもしれません。

まとめ

まとめると

  • 問題集1つを極める
  • まずはリーディングから
  • 単語暗記は避けて通れぬ道

と言う3つが今回のポイントです。

独学を成功させる秘訣は習慣化です。時間をかけれないと結局どうにもなりません。

ということで習慣化の記事も貼っておきますので参考にしてみてください。

今回の記事が良かったと思ったら、Twitterなどでシェアしてください。僕が喜びます。

では、英語学習頑張っていきましょう!

タイトルとURLをコピーしました