感謝の意味がわかった気がする

メモ
ずっと感謝の意味がわからなかった

今までは感謝のメリットはわかっていたけど、やる必要がある?と思ってた。

良くこういうのがあるよね。

「感謝をしなさい」だったり、「いただきます、ご馳走様を言わないとダメ」というやつ。

子供の頃からずっとやる意味がわからなかった。

そのせいで感謝についてこっぴどく説教されることも多かった。

余計に感謝が嫌いになる理由にもなった気がする。

感謝するメリットってあんまりポピュラーじゃないから、感謝する決断をするのに時間がかかった。

今では、感謝することはどうやらプラスになるなと思っている。

その理由を今日は紹介したい。

感謝は人に好かれる

感謝ができるようになると自然と人に好かれるように立ち回ることができると思う。

感謝されるのって結構気持ち良かったりするでしょ?

感謝されるだけでその人を印象よく思ったりもする。

だから、感謝は人に好かれる。

さっき、感謝は嫌いだったけど感謝の言葉を口に出すことはちゃんとしてたよ。

だって、言わないと叱られるし、感謝した方が人間関係うまくいく、というのがわかってたから。

結構打算的だけど、闇雲に感謝するよりかはいいと思うね。

科学的にも効果があるんだって

詳細は良くわかってないけど、科学的にも感謝はいいことらしい。

心を豊かにしたり、安らぎを与えてくれたりするっぽい。

でも、個人的にはあんまり実感がない。

本当は科学の方が正しいかもしれないけど、実感できないなら無理にやる方が無意味だと思う。

でも、心から感謝できる時って限られてるし、毎日生きられることやご飯を食べられることを同じように感謝することなんて不可能だ。

それだったら結局意味なんてないじゃないか、と思ってしまう。

一番のメリットは怒りが制御できること

感謝しながら怒るというのは難しい。

感謝する能力というのがあると思っていて、それは「相手が自分に何かしてくれたかもしれない」と思ってその部分を探すことだ。

その能力があるなら怒ることはだいぶ難しくなる。

なぜなら、相手が何かしてくれていたのに怒ってしまうと申し訳なくなるからだ。

だから、自然と怒りが収まる。

僕は怒りの制御というのが難しかったので結構助かるんじゃないかと思っている。

まとめ

伝えたいことは、「感謝にも一応メリットはあるよ」ということ。

後もう1つ、感謝は人に薦めない方がいい。

普通に考えて、訳の分からないものを勧められると嫌いになるでしょ?

それに感謝を疑える人間は論理的だから、ちゃんと理由を言えないと悪印象を持たれる。

感謝するかどうかは自分で決めた方がいい。

タイトルとURLをコピーしました