何が善で何が悪か

メモ

スライド続けて18年

どうも、10平方メートルで暮らすショーイチです。

「今日は何が善で何が悪か」、というテーマで書きたいと思います。

【前提】道徳的に良い=善ではない

これを善にしてしまったら、思考放棄しているような気がしませんか?

もちろん、道徳的に良いことが自分の善と重なることは結構ありますが。

それにこれを考える意味が自分の行動の方針を固めるためでもあり、人それぞれに違った善がありますよね。

なので、今回は客観的な善というのを考えないようにしようと思います。

客観的な善についてもまた今度考えようとは思います。

自分で書いてても、主観的と客観的で混乱しているので変な文章になるかもしれないです。

【結論】自分の信念を貫いているかどうか

先ほど、人それぞれに善があると言いました。

といっても、それだと多すぎるので抽象化しようと思います。

それで出た結論が「自分の信念を貫いているかどうか」です。

貫いていれば善、そうでなければ悪です。

人によって見解は違うと思いますが個人的にはこれだと思っています。

例えば、効率主義なら手間を減らすことが善ですし、快楽主義なら楽しむことが善です。

例を出してみると、個人的に「人間は自分を喜ばせるために生きるべきだ」という考えがあるので、こういう結論に至ったのかもしれないと思いました。

主観的に考えるとここにしか落ち着かないだろうとも思うので、内容が薄い気もします。

争いは両方が正義で起こる

いろんな場所で聞く話だとは思います。

これがあるので客観的な善に従うことに意味なんてないと思っています。

東京グールという漫画がありますよね。

これは人間を主食とするグールが人間が圧倒的多数の世界で生きるのを描いた物語です。

こういうことが現実にもたくさん起こっていると思いませんか?

相容れない考え方や文化の人たちでの争いが多いですよね。

そういうのを見てると何が正しいのかが分からなくなります。

その結果、優柔不断になったのかもしれません。

まとめ

まとめると、現代では客観的な善があやふやになってきていると思うので自分にとっての善を探して行動指針を固めようということでした。

テーマが哲学っぽいですが、そんな崇高なものではなくただの日記です。

「哲学する」とはどういうことか、というテーマもだいぶ昔話しましたが、結局答えが出ませんでした。

なので哲学は答えが出ないものなのかと思う今日この頃。

以上。

タイトルとURLをコピーしました