【最効率】勉強のやる気を出すたった1つの方法

成功スキル

勉強のやる気出ませんか?

学校の勉強ですか?それとも独学ですか?

やりたくてもなかなか手がつけられませんよね?

「やる気が出ないから、なかなかできないんだよね。」と思っていませんか?

ずばり、その考え方が間違いです。

【結論】習慣化すれば、やる気は必要ない

思い返してみてください、今のあなたの習慣を。根強いものだと、朝起きて夜寝ること、朝昼晩食べること、ゲームの毎日ログインなどですかね。

やる気必要ですか?

先程あげた3つの例もやる気は必要ないですよね。全部、ひとの欲望という本能に働きかけています。

「でも、学校行ってたのは欲望じゃないよな?」と思われるでしょうか? 

実は、学校に行くことも本能に働きかけられていたからです。人間の人・社会とのつながっていたいという本能にです。

やる気に頼らず、「やってしまう」仕組みを作ることが大切です。

習慣化の3ステップ

1.環境づくり

学校に行けば、勉強をしますよね?会社に行けば、仕事をしますよね?でも、家ではしませんよね?

この環境の強さを利用して習慣を作りましょう。

せざるを得ない環境を作ることに命をかけましょう。

そのために気をつけることは

  • デスクのものを限りなく少なく
  • 一瞬で取りかかれる準備
  • すべての情報の遮断(通知全OFF、耳栓)

です。

ちなみにこれが僕のデスクです。(青い仕切で囲えば完璧)

生活感すごいですが、ブログを書くときはこの環境で集中しています。

勉強するときはiPadをノートにし、うすい本(変な意味じゃない)などをセットして使っています。

はっきりいうと、これだけじゃまだ習慣にするのは難しいです。

2.ルール作り

環境を作るだけでは、習慣化できないのはなぜだと思いますか?

なぜなら、環境を作るだけでは取り掛かるという行動に結びつかないからです。そのためにルールを作ります。

ルール作りでは時間休憩のルールを決めることが大切です。

時間は取り掛かるために、休憩は集中力は持続するために設定します。

具体的に

  • 始める時間
  • 休憩までの時間(アラーム推奨)

を決めてください。

そして、それを守ることに心臓を捧げてください。

ここで、スマホのアラームを使ってしまうと集中力が削がれてしまうのでアナログのアラームがおすすめです。

個人的には下のキューブ状のアラームがおすすめです。

5分ごとの細かい数字もあるので休憩時間も一緒に設定しやすいです。

最初は勉強時間も15分からでいいです。休憩時間も5分で。

短いほうが終わったときにもっとやりたいと思うのでモチベーションを保ち続けることができます。

なれてきたら少しずつ勉強時間を増やしていきましょう。

負荷を上げるより、確実に習慣にすること優先です。

3.ゲーミフィケーション

ゲームはお好きですか?

毎日長時間やってしまいますよね?それはなぜでしょうか?

その理由についての研究があります。研究結果の中からゲーム化する方法を考察しました。

具体的には

  • 勉強の手順を細かく書き出す。
  • 結果を記録する
  • 報酬を設定する

の3つです。以下で詳しく説明します。

作業の手順を細かく書き出す

メモや紙切れに勉強の手順を細かく書き出しましょう。

なぜ、これをするのか。作業を切り替えるときが一番時間がかかるからです。

ゲームでも必ず、次に何をするべきかがわかりますよね?画面の右上とか村長とか親友が教えてくれます。それがなくていつまでもさまよっているとはっきり言って萎えますよね?

外出中などでもメモをポケットに入れておくといつでも確認できます。スマホをポケットに入れていても必ずメモを見ることになるので作業に戻ってきやすいというのもあります。

とにかく、作業を切り替えるときのタイムロスとやる気のロスを防ぎましょう。

結果をポイント化する

ゲームでも必ず、レベルアップなど自分の進展がわかるものがありますよね?

子供の頃、よくいませんでしたか。すべてのキャラクターのレベルをカンストさせる人が。それもこの進展がわかりやすかったことにほかなりません。

それと同じで作業にも進展がわかるものを導入します。

ここで大事なのが、減らないものであり、増やしやすいものにするのが大事です。

  • 勉強の日数・時間など
  • 成果物の数

などがおすすめです。

注意するのが、復帰したときのポイントを多くすることです。

例えば、日数でカウントしたときはどうしてもどこかで週間が途切れてしまいがちです。が、このとき「自分はなんてダメな奴なんだ」と責めてしまってはいけません。余計に習慣化できません。

ただ、ポイントが溜まっただけではモチベーションにならないと思います。

ですので、ごほうびを設定しましょう。

報酬を設定する

ゲームでも必ず、敵を倒すと経験値やお金が手に入りますよね?

ここで意外なのが報酬がランダムで罰ゲームが入っている方がモチベーションが上がることです。

これはなぜかというと人間はギャンブルが好きということに関係します。

具体的な行動としては

  • サイコロでのランダム報酬(アプリがおすすめ)
  • ポイント化した結果に応じた報酬を用意(80日程度を目安)

などが有効です。

習慣化の注意

失敗しないために

習慣化は大体の人が失敗してしまいます。

原因は

  • 目標が高い
  • 考え事がある
  • できない環境

などが考えられます。

目標は限りなく0まで下げましょう。

考え事があるならメモに書き出して忘れましょう。

できない環境なら、家族に協力してもらったりなど誰かに助けてもらうのが良いかもしれません。

週間は大体80日程度で身につくと言われています。

それまで低負荷で確実に身につけることが大切です。

やるだけでは意味がない

最優先はやることです。

が、やるだけだと目的を達成するまでに時間がかかりすぎます。

ポイントは「目標」と「集中」です。

細かい目標を決め、集中力を上げることで勉強の質を最大化しましょう。

やらなくていいことは徹底してやらない

ここで大きな差がつくと言っても過言ではありません。

やらなくていいことを見極められないと無駄なことに多くの時間を奪われることになります。

例えば、1回できた問題を何回もするのは無駄です。できた問題をチェックして、できない問題をやることが大切です。

習慣化のソノサキ

習慣化は「やりたいこと」のために使え‼

習慣化はどんなことにも使えます。

習慣化は自分が本当にやりたいことに使ってこそ意味があります。

習慣化は夢を失敗させる原因を解決できると思っています。できないものも勿論あります。

趣味や将来の夢を実現するために使いましょう。

まとめ

  • やりたくない勉強は、習慣化で乗り切れ!
  • 習慣化のスキルを極めろ!
  • 本当にやりたいことを習慣にしよう!

というのが今回伝えたかったことです。

習慣にするためのやる気が出ないという方へ

動画を見よう

YoutubeやSNSは、ついやってしまうランキングぶっちぎりで1位ですからね。

個人的にやる気が出る動画を貼ります。

やりたいことが見つかる「桃太郎理論」とは【前田裕二×堀江貴文】
「やる気が溢れて止まらない」一流の言葉 || モチベーション
理由もなくやる気が出ない無気力状態脱出法

参考文献

コメント

  1. […] 【最効率】勉強のやる気を出すたった1つの方法 […]

  2. […] 【最効率】勉強のやる気を出すたった1つの方法 […]

  3. […] 【最効率】勉強のやる気を出すたった1つの方法 […]

  4. 【今すぐ見直そう】習慣化できない人の特徴 | ショーイチの苦しまなブログ より:

    […] 【最効率】勉強のやる気を出すたった1つの方法 […]

タイトルとURLをコピーしました