【習慣化】「三日坊主」の原因と対策を解説

成功スキル

おそらくこのページに来た人は、一度、習慣化に挑戦したけどできなかったと言う人でしょう。

最初はやる気が溢れてるので難なくできます。が、時間が経つと始めることすら億劫になったり飽きてしまったりして習慣が途切れてしまいがちですよね。

僕もそうでした。僕の場合、受験勉強でした。そこまで偏差値は高くなかったのですが、僕の成績では少し届かない学校だったので勉強しなければなりませんでした。

そこで出会ったのが習慣化です。習慣化のおかげで勉強する習慣がつき、合格ができたようなものだと思っています。

大きな目標を叶えるには、習慣化は欠かせないと思っています。

今回は、習慣化に挫折してしまう原因とその対策を解説します。

あと、習慣化のメリットを脳科学を交えて解説しているのでそちらも参考にどうぞ。

三日坊主になる原因

始められないから

ほとんどの人が経験あるんじゃないですか?

僕も最初は、始めることが1番の壁でした。初めてしまったら、案外いけるんですけどね。脳科学でいう「作業興奮」ってやつです。

ここで大切なのが「やる気」にできるだけ頼らない、ということです。

対策を以下にまとめました。

  1. 驚くほど簡単にする
  2. 取り掛かるまでの手間を減らす
  3. 1つずつ、集中してやる

です。1つずつ解説します。

1.驚くほど簡単にする

驚くほど」がポイントです。

あなたはどんなことを習慣にしようとしていますか?

腕立て15回?勉強1時間?ランニング20分?

それじゃ難しすぎます。

腕立ては1回、勉強は1分、ランニングは3分にしましょう。

それじゃ、目的が達成できないだろ。」もっともな意見です。

でも、世界の頂点に立つレベルでもない限り、「続ける」ことに全身全霊をかけたほうがいいです。

僕の場合、1分にしても「めんどくさいな」と思うことがあったのでやっぱり大事です。

習慣化」しないと何も意味ないですもんね。

習慣になってからちょっとずつ増やしていけばいいのです。

2.取り掛かるまでの手間を減らす

これは「20秒ルール」という心理学のテクニックです。

習慣化したいものは手間を20秒減らし、辞めたいものには手間を20秒増やしなさいというものです。

20秒と言わず、限りなく減らしましょう。

僕が勉強の習慣をつける時、これは本当に役に立ちました。

  • 机の上を常にノートとペンだけにする
  • スマホやゲームを1階のリビングに置く

という感じです。

勉強する習慣だけでなく、ゲームをリビングでするようになったので勉強と遊びを切り分けられるようになりました。

その他にも僕はジョギングの習慣もつけています。

  • スポーツウェアで寝る
  • ベッドに近いところに水、靴下、スマホ、イヤホンを置いておく
  • 目覚ましを遠くに置く

という感じにしています。

これで朝起きて、水を飲んでそのままジョギングに行くという習慣が身につきました。目覚ましを遠くに置いているので二度寝防止にもなります。

20秒ルール

  • 習慣化の邪魔になる悪習慣をやめる
  • 早く取り掛かれるようにする

を徹底しましょう。

3.一つずつ、集中して

一気に習慣をつけてしまおう」と意気込んでいる方。

それは危険です!

習慣化するには集中力をすごく使います。さらに、1日の集中力の量は限られていると言われています。

もし、何個も何個も習慣化しようとしているなら、おそらく全て途切れます。

なぜなら、習慣は復帰する時がいちばん途切れやすいからです。

例えば、急用や病気で習慣が途切れたとします。

習慣が1個なら、ダメージは大きくないです。「明日からまた頑張ろう」となります。もちろん、復帰は難しいですが。

が、習慣がたくさんあったら、もう自暴自棄です。ダメージがデカすぎます

そういう人は、やる気が人一倍ある人だと思うのでダメージも人一倍でかいと思います。

習慣化するどころか、習慣化にトラウマが植え付けられてしまいます。

まとめ

習慣化できない原因は、始められないからです。

対策は、

  1. 驚くほど簡単にする
  2. 取り掛かるまでの手間を減らす
  3. 一つずつ、集中して習慣化

の3つです。

正直、これを徹底すれば三日坊主は必ず回避できると思います。

ただし、「飽きた」場合はまた別のテクニックが必要になります。

そのテクニックをこちらで解説しています。

参考文献

正直、これだけで習慣化は極められます。

この本の内容をまとめているのでこちらのページもどうぞ

コメント

  1. […] 【習慣化】「三日坊主」の原因と対策を解説 […]

  2. […] 【習慣化】「三日坊主」の原因と対策を解説 […]

タイトルとURLをコピーしました