【無料】おすすめ習慣化アイテム

成功スキル

勉強を毎日続けるぞ!」と意気込んでみたもののなかなか続けるのは難しいですよね。

そんなとき、「もっと楽に習慣化できたら」と思いませんか。僕もそう思ったのでめちゃくちゃ調べました。

今回は習慣化するためのアイテム3つ紹介します。家にあるものでできます。

習慣化の一番最初の壁でもある「三日坊主」の対策をまとめているのでそちらも参考にしてみてください。

1.純正アラーム

スマホにもともと入っているアラームです。当たり前っちゃ当たり前ですね。

ただ単に習慣を始める時間にアラームをかけるだけです。

が、1つだけポイントがあります。

それは、「習慣が終わるまでの行動を細かく書き出しておく」ことです。

みんなしないんですよね。

例えば、勉強しようと思ったら

  1. アラームが鳴る
  2. 数学の教科書とノートとシャーペンと消しゴムだけを机に出す。
  3. ~ページの問題を解く
  4. 答え合わせをする
  5. 間違った理由をノートにメモする
  6. 間違った問題をもう一度する
  7. ~ページまでやったら終わり

みたいな感じで具体的な行動をメモなどに事前に書いておきます

なぜなら、習慣になるまでは「次はなにをするんだっけ」が時間ロスや集中力の低下につながるからです。

僕はだいたい寝る前くらい次の日のスケジュールを立てたりしてます。

2.紙のメモ帳

先程の「習慣が終わるまでの行動」を紙のメモ帳に書き出してください。

スマホのメモじゃだめなの?」と思う人もいるでしょう。スマホでもいいと思いますが、紙のほうがメリットが大きいと思います。

紙のメリットは2つです。

  1. スマホを見ると集中力が削がれる
  2. 関係ないことを考えたら書ける

スマホを見ると思わずSNSを開いてしまうのでスマホと分離するのが理想です。

皆さんこんな経験ありませんか?

勉強中に全然関係ないことを考えちゃって集中できない」みたいなこと。

実は、これ紙に書き出すことで忘れられます。

例えば、ティッシュを買わなければならないというときにメモに書いておいたらすっと忘れられますよね。

これと同じことです。

スマホだと集中力が削がれるかもしれないので紙がおすすめです。

3.カレンダー

これは習慣がどれだけ続いているのかを記録するためのものです。

記録したところで意味なんてないでしょ」と思う方もいるかも知れません。

実は、めちゃくちゃ効果高いです。

僕もやってみて、「1週間できたぞ」っていうときはモチベーション上がりました。

実際にそういう研究もあります。

被験者は「謎のスコア」が表示されるモニタでの作業を指示されます。そして作業を終えるたびにランダムで数字が増加するグループと、そうでないグループを分けて結果をくらべたところ、前者は後者より作業達成率が25%も高かったというのです。

この結果から科学的にも記録することで脳のパフォーマンスモチベーションが上がっていると言えるのではないでしょうか。

個人的におすすめなカレンダーがこちらです。

これをおすすめする理由は以下の2つです。

  1. いくつかの習慣を並行して記録できる
  2. 付箋になっているので壁に貼れる

習慣を2,3個並行してつけようとしている場合、ごちゃごちゃになってしまいがちですが、このカレンダーなら習慣ごとに記録できるのでおすすめです。

あと、壁に貼れるのでリマインダーにすることもできます。

普通のカレンダーがあるならそっちでもぜんぜん大丈夫です。

まとめ

  1. 純正アラーム
  2. 紙のメモ帳
  3. カレンダー

以上の3つがとにかくおすすめです。

習慣化をする方法を詳しく解説しているのでこちらのページも参考にしてみてください。

正直、この本だけで習慣化は大丈夫だと言えるくらいおすすめです。驚くくらい習慣化のテクニックが紹介されているので自分で実践するテクニックを選んでやる感じで読んでみてください。

一応、この本を紹介したページも貼っておきます。

習慣化✕集中で価値を最大化

習慣化ができるようになっても、集中できてないとかけた時間の割に成果が出ないと言ったことも起こりかねません。

そこで、集中力をあげるのにおすすめのグッズを紹介した記事もあるので参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました