【脳科学】最速で習慣化するための本おすすめ

成功スキル

なかなか習慣化できなくてお困りのそこのあなた

今回は習慣化のための本を2つだけ紹介します。実際に読んで、実践してみて「これなら誰にでもおすすめできる」というものから厳選しました。

必ず、脳科学的に根拠があるものに限定しています。

これを読んで実践すれば、もう習慣化はできたも同然

習慣はだいたい60日2ヶ月)で身につくと言われているのでそれまで続けるだけでいいのです。

「めざせ!習慣ロボット」

1位 超習慣術/メンタリストDaiGo

アマゾンで超人気のやつです。

DaiGoさんは書く本は毎回ベストセラー入り、紹介した本は飛ぶように売れる超人気著者さんです。

僕も愛読しています。他の本も何冊か持っていますし、何回も繰り返し読んでその内容を暗記するレベルで覚えています。

なかなかこれに並ぶ本はないと思います。

正直これだけでOK

もうこれより下のやつ見なくていいです。

この1冊を集中的に実践すれば、必ず習慣化できます。

僕が保証します。

この本をなぜここまで推すのかポイントは3つ

  • 脳科学的に正しい
  • とにかく見やすい
  • 今日からできるレベルで実践的

です。1つずつ解説します。

脳科学的に正しい

この本はすべて脳科学的な根拠から解説されています。

よく「私の考えでは~~は正しい!」みたいな人いますよね。あくまで「私の考え」なので正しさは証明できていません。

が、その点でこの本は脳科学的な根拠がベースなので、客観的も客観的。

信頼の厚みというものが違います。

とにかく見やすい

これが誰にでもおすすめできる理由です。

  • 大見出し、小見出し、節まで網羅した目次
  • フルカラーで大事なところが見やすい
  • 章の最後にまとめがある

大体の実用書、特にエビデンスベースの実用書はごちゃごちゃしてて見にくいというのが相場ですが、そんな実用書と一線を画するものです。

もはや、図鑑の領域です。

ここまで見やすい本はなかなかないですよ、皆さん。

今日からできるレベルで実践的

他の本を見てもここまでのレベルで実践的なのはなかなか見ませんね。

  • テクニックが中心
  • テクニックの具体的な使い方まで解説
  • 「三日坊主」や「悪癖対策」などの悩みにもフォーカス

テクニック本と言っていいほど、テクニックが網羅されています。ですので、どれを使うのかを絞って、習慣づけることが大切です。

上記の悩みだけでなく、周りの人の習慣を変えることも解説しているので人がぶち当たるであろう悩みをちゃんと理解しているんだなと感じます。

買わない理由がない

  • 脳科学的に正しい
  • とにかく見やすい
  • 今日からできるレベルで実践的

というのがポイントでした。

「買わない理由がない」というと大げさですね。

しかし、個人的にはこれを買って人生変わるレベルで習慣術が身につきましたし、そういうスキルを身につければ確実に自分を変えられるんだなという自信にもなりました。

とにかく、友達に押し売りするレベルでおすすめです。

2位 GRIT/アンジェラ・ダックワース 

最初に言います。読書が得意ではない人は読まないほうがいいかもしれません。この下の書評か、他のサイトの要約やレビューを読んで買うかどうかを決めてください。

まず、GRITとは一言でいうと「やり抜く力」のことです。

この本は、成功者はどんな共通した能力があるのか、やり抜く力を上げるにはどうすればよいのか、という研究について書かれています。

先程も説明したとおり、この本は少し上級者向けです。

それでもおすすめする理由は

この本がやり抜く力の大切さを本気で伝えるためだけの本だからです。

侮辱しているわけではありません。

以下の3つのポイントからやり抜く力の大切さが伝わってきます

  • 有名な成功者のストーリー
  • 著者の苦難のストーリー
  • 科学的に正しいやり抜く力の要素

例えば、有名な成功者として誰もが知っている「マイケル・ジョーダン」が挙げられていましたが、彼が才能より「やり抜く力」があったから成功したのだという見方もされていました。

逆に、成功したがその成功が一時で終わってしまった人には「やり抜く力」がなかったのではないかという見方もされていました。

他にも様々な有名な成功者にインタビューをしています。

さらに、著者の苦難のストーリーとして、「有名な教授に厳しいダメ出しを受ける」というのがありますが、著者がそこから立ち直って、研究に打ち込むというシーンもありました。

このようにストーリーを通して、「やり抜く力」の大切さを感情的に伝えてくるのです。

ただ、それだけではなく研究でやり抜く力の要素というものも調べられてました。

それは

  • 熱意
  • 希望
  • 目的意識
  • 自制心
  • 謙虚さ
  • 勇敢さ

の6つです。

もちろん、それをどのように育んでいけばいいのかについても書かれています。

「やり抜く力」の大切さを知れるだけでいい

この本はテクニックや実践ではありません。

やり抜く力の価値を見出すことにあります。

そのためにストーリーが大事なので本を一度読むのがおすすめです。

実践版もあるのでそちらもおすすめです。(読みにくいのは変わらない)

Prime会員なら無料で読めます。

ネットで調べる時間が無駄

習慣化のことを何時間もネットで調べていませんか?

はっきり言って、その時間が無駄です。

とにかく、実践するのが大事です。

ポイントは負荷を軽くすることです。

まとめ

おすすめの本は以下の2つです。

とにかく、実践して習慣をつけていきましょう。

本を読むやる気がでないよ、という方

動画を見よう

行動力ややる気がない人は、「硬直マインドセット」になっているというのが原因かもしれません。

「硬直マインドセット」とは、この世は才能が全てで努力したところで何も変わらない。という思考のことです。

僕の場合、成功者たちの動画を見て、「硬直マインドセット」の逆の「しなやかマインドセット」に触れることで徐々にしなやかになっていったような気がします。

おすすめのチャンネルを紹介します。チャンネル名+やる気 で検索

などがおすすめです。

おすすめな動画を紹介します。多くの人の役に立つと思います。

やりたいことが見つかる「桃太郎理論」とは【前田裕二×堀江貴文】

俺のブログを読め!!

以前、習慣化のコツについてまとめたので興味があったら見てください。(タイトルが関係なさそうですが習慣化のことについて書いてます。)

コメント

  1. […] 【脳科学】最速で習慣化するための本おすすめ […]

  2. […] 【脳科学】最速で習慣化するための本おすすめ […]

  3. […] 【脳科学】最速で習慣化するための本おすすめ […]

  4. […] 【脳科学】最速で習慣化するための本おすすめ […]

タイトルとURLをコピーしました